16周年のLead「これからに期待してもらえるエンターテインメント」発信

2018年09月01日 22時00分

「Lead」の(左から)古屋敬多、谷内伸也、鍵本輝

 3人組ダンスボーカルユニット「Lead」が1日、東京・中野サンプラザでライブを開催。昼夜2公演で計5000人の観客を熱狂させた。

 Leadは先月から全国5都市10公演のツアーをスタートさせ、この日が千秋楽。鍵本輝(30)は「これからのLeadに期待してもらえる、楽しんでもらえる、もっと見たくなる、僕たちの未来の可能性を確実に感じてもらえるステージにしたいと思います」と言えば、古屋敬多(30)も「ジェットコースターのようなライブ感で楽しめるツアーになったと思うので、平成最後の夏を盛り上げていきます!」と宣言。谷内伸也(30)は「今のLeadの全てを詰め込んで、これからに期待してもらえるエンターテインメントをお届けします!」と意気込んでステージに登場した。

 3人の言葉通り、熱いパフォーマンスを繰り広げた。7月にリリースしたアルバム「MILESTONE」に収録されている「Bumblebee」「Beautiful Day」や、歴代のヒット曲など合計21曲を披露した。

 7月末にデビュー16周年を迎えた。デビュー当時はティーンエージャーだったメンバーも全員が30代になり、鍵本は「人生の半分以上をLeadとして過ごしてきました。20周年、そこで立つ大きな舞台を見越して、引き続きLeadのエンターテインメントをつくっていけたらと思います!」と決意を表明した。