謹慎明けガリガリガリクソン「寛平マラソン」で“みそぎラン”の反省度

2018年08月30日 16時30分

間寛平(中央)のマラソン大会に参加するガリガリガリクソン(右)

 お笑いタレントの間寛平(69)が29日、大阪市の吉本興業本社で、ホストを務める「淀川寛平マラソン2019」(2019年3月3日=大阪・淀川河川公園特設コース)の開催発表会見に登場した。

 このイベントも来年で7回目。男女フルマラソンや男女10キロラン、ファミリー3キロラン、駅伝などが用意され、1万5000人の参加者を募集する予定だ。寛平は「(3月3日は)ひな祭りなので、女の子を盛り上げていきたいと考えています」と女子ランナーに声をかけるプランがあることを明かした。

 会見に出席した元NMB48メンバーの福本愛菜(25)も「NMBを卒業したメンバーで、女の子だけの駅伝チームをつくりたい。私、(山本)彩、山田菜々、渡辺美優紀、門脇佳奈子、須藤凜々花。これでちょうど6人。みんなで一緒に出ましょう!」とノリノリだ。

 そんな中、酒気帯び運転での謹慎から6月に復帰したばかりのガリガリガリクソン(32)も登場。今年の大会は謹慎中のため不参加だったが「来年は駅伝に参加したいです」と宣言。そして「今まで私は人に支えられているということを無視しておりました」と神妙な面持ちで語った。これには、たむらけんじも「駅伝のアンカーをやらせます。道中、いろいろと難癖を付けていきますよ」とイジることを予告した。

 お笑い関係者は「昨年、酒気帯び運転で逮捕される前には、お笑い仲間から悪評しかありませんでした。酔っ払うと先輩にケンカを売るわ、相手の許可なしにツイッターにアップするわ、本当にクズだったからです(笑い)。ところが、逮捕後は本当に反省していたみたい。もともと破天荒にしなければ芸人じゃないんじゃないかと思っていたようですからね」。

 当日どんな走りを見せるのか。内容次第では好感度もちょっとは回復しそうだ。