仮面女子・猪狩ともかがパラスポーツ挑戦 車イスから生まれるアイドル新形態

2018年08月27日 16時30分

声援を浴びて笑顔の猪狩ともか(手前)

 脊髄損傷で車イス生活となったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が26日、東京・秋葉原の仮面女子カフェで芸能活動を再開。さらに、パラスポーツに挑戦することを宣言した。

 猪狩は4月11日、強風によって倒れた看板の下敷きとなった。現在も入院中という猪狩は仮面女子のライブの途中でステージに上がり、メンバーとともに、ダンスを披露した。

 大声援を浴びた猪狩は「この日をずっと夢見て」と涙ぐみ「この景色が見たかったです」とファンに復活を報告した。ケガをした当時は「なんで私がこんな思いをしなければいけないの」と嘆き悲しむこともあったというが、ファンからの温かい声援が原動力となり「私には帰る場所があるんだと思えた。私の中ですごく力になった」と前向きになったようだ。

 仕事のオファーも相次いでいる。すでに西武ライオンズが主催する車イスソフトボール大会のスペシャルナビゲーターの就任や、9月9日の西武対ロッテ戦での始球式などが決定。さらに猪狩は「パラスポーツをもっと知っていきたい」とパラスポーツに挑戦することも宣言した。

「人気アイドルメンバーが車イス生活になっても、前向きに活動する姿は障がいの理解を深めることにつながるでしょう。また、パラスポーツのPRとしても大いに期待できると思います」(パラスポーツ関係者)

 もちろん2020年東京パラリンピックに何らかの形で携われば、大会の盛り上げにひと役買うに違いない。猪狩はアイドルの新しい形を示してくれそうだ。