「仮面女子」猪狩ともかが車イスで涙の復活「この日をずっと夢みてた」

2018年08月26日 22時05分

車イスでライブに登場した猪狩ともか

 脊髄損傷で車イス生活となったアイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともか(26)が26日、東京・秋葉原の仮面女子カフェで芸能活動を再開した。

 猪狩は4月11日に強風で倒れた看板の下敷きとなった。現在も入院中というが、仮面女子のライブの途中でステージに上がり、メンバーとともにダンスを披露した。

 大声援を浴びた猪狩は「この日をずっと夢みて」と涙ぐみ「この景色が見たかったです」とファンに復活を報告。今後の活動として、西武ライオンズが主催する車イスソフトボール大会のスペシャルナビゲーターの就任や、9月9日の西武対ロッテ戦での始球式などが決定した。

 さらに「パラスポーツをもっと知っていきたい」とパラスポーツに挑戦することも宣言。種目については「退院後にいろいろ見ながら決めたい」と話した。