ベッキー地上波番組レギュラーいける!CM活動回復が追い風

2018年08月25日 16時30分

くっきー(左)と笑顔で写真に納まったベッキーだが、似顔絵には激怒した

 タレントのベッキー(34)とお笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー(42)が住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」の新CMキャラクターに起用され、24日に都内で新CM発表を行った。

 ベッキーはプロ野球・巨人の片岡治大二軍内野守備走塁コーチ(35)との交際が6月に判明。報道陣から「順調か?」と聞かれると「ありがとうございます。ハイ」と笑顔を見せた。

 新CMで2人は空間デザインを披露。この日は“アートユニット・ベッキー&くっきー”として会見に登場したが“ケンカ漫才”に。

 CMでは2人が仲良く頬を寄せ合う場面があったと言うが、くっきーは「(2人で顔の)脂の交換をしました。家帰って嗅いだら、土佐犬の口周りのにおいがした。ベタベタや」と攻撃すると、ベッキーはすかさず「ベタベタなのはそっち!」と応酬した。

 くっきーが描いたベッキーの似顔絵も披露されたが宇宙人のような独創的な似顔絵で、しかも歯が黄色い。くっきーから「人の外(そと)レベルのデコっぱち。歯の黄ばみは(ベッキーは)パーラメントを吸っている」と悪ノリされたため、当のベッキーは激怒し「ひどい。たばこは吸ったことがない」と猛反論し、結成したコンビについて「解散という気持ちが固まりました」とくっきーをニラみつけて、会場を笑わせていた。

 テレビ関係者はベッキーについて「“ゲス不倫”騒動から2年が経過し、かつて女王といわれたCMもここまで回復してきた。堂々と交際を認められる私生活に加え、笑いのセンスもくっきーとの掛け合いも衰えていないのが分かった。そろそろ地上波番組のレギュラー復帰も近いのでは」と話している。