現役看護師&コスプレーヤー・桃月なしこがゲームCMで女騎士に

2018年08月24日 12時35分

RPG「誰ガ為のアルケミスト」のCMに出演した桃月なしこ

 現役看護師でコスプレーヤー、タレントの桃月なしこ(22)が初出演した、ロールプレイングゲーム「誰ガ為のアルケミスト」(タガタメ)のCMが23日、放送開始した。桃月は同ゲームに登場する女騎士「カノン」のコスプレ姿を披露している。

「タガタメ」は壮大なストーリーと高度な戦略性に富んだ「三次元空間戦略バトル」が楽しめるRPG。移動時間や暇なときは常にゲームをしているという桃月は、好きなゲームのCMでメインキャストに起用され「え? 夢なんじゃないかと思っちゃいました」と喜びを隠せない様子。それでも「まさかこんなに早くCMに出演させていただけると思っていなかったので、いまだに実感が湧きません」とプレッシャーを感じたとか。

「今回やらせていただいたカノンちゃんは、すごくかわいいんです! 自分の正義を持っていて、そして友達思いなところにどんどん引かれていきます」

 桃月は昨年、グラビアデビューすると“美人すぎるナース”として話題になり、数々の男性誌に登場。CMでは演技にも初挑戦した。「まだまだ、つたないですが、今の自分をたくさんの人に見ていただけけたらいいなと思います。そしてCMを見てタガタメ楽しそう! やってみたい! と思ってくれる人が増えたらいいですね」とアピールを忘れなかった。

 炎天下で行われた撮影について「スタッフさんが私を気遣ってくれ、扇風機を回してくれたり、冷たいタオルや飲み物を渡してくれたり…おかげさまで脱水症状になることもなく撮影を終えることができました」と感謝。「最後の撮影が終わって、大きな花束とプレゼントをサプライズでいただいたのですが、すごくうれしくて泣いてしまいそうでした。プレゼントの中には私が大好きな馬刺しのお店の商品券も入ってたんですよ」と笑った。