福田こうへい 金足農準Vに感激「純粋なプレーに勉強させられた」

2018年08月23日 18時00分

天竜川で川下りに挑戦した福田こうへい

 演歌歌手・福田こうへい(41)が23日、長野県飯田市を訪れ、シングル「天竜流し」の舞台となった天竜川で川下りに初挑戦した。

 発売から4か月足らずで10万枚を突破した「天竜流し」。福田はその舞台となった天竜川で川下りを運営する企業から「名誉 船頭」として任命された。

 檜笠に法被といった、船頭の衣装を見事に着こなした福田は「就職しようかな」とやる気満々。歌詞にも「暴れ天竜」とある通り、流れが激しい川で、船頭として櫓をこいでみせた。初船頭に福田は「こぐのも大変だけど、流れを読んでこぐという難しさもあった。この体験を歌に生かして『天竜流し』をひと味もふた味もいいものにしていきたい」と語った。

 シングルのヒットを背景に「選んでもらえるように頑張っていきたい」と3年連続5回目の紅白出場を目指す福田を今夏、熱くさせたのが夏の甲子園・秋田代表の金足農の活躍だ。岩手県出身の福田は「岩手の代表が負ければ東北の高校を応援する」と毎年のように高校野球に夢中になっている。決勝戦当日は仕事だったが、「仕事がなければ秋田に行って一緒に応援してた」というほどだ。

 金足農は準優勝だったが「純粋な高校生のプレーに勉強させられた」と感激。エースの吉田輝星投手にも「『よしだこうせい』『ふくだこうへい』、似てるよね」とご満悦で「ぜひ、プロに行って活躍するのを見たい」と熱く語った。