サンコンの一夫多妻婚にフジ山崎夕貴アナ「第1夫人だったらいいかな」

2018年08月20日 10時40分

10月に結婚予定のサンコン(左)と北山みつき

 20日のフジテレビ系「とくダネ!」は、ギニア出身のタレント、オスマン・サンコン(69)と演歌歌手・北山みつき(50)の“一夫多妻婚”を取り上げた。

 サンコンは離婚歴があり、第1夫人(ギニア在住ギニア人)、第2夫人(日本在住ギニア人)がいることから北山は第3夫人になる。知人の食事会を通じて知り合い、1年後に交際をスタート。「一緒の墓に入ってくれ」とプロポーズされ、今年3月に結婚式を挙げたという。「あの笑顔は財産ですね。お金じゃないですね」という北山は第3夫人になるため、ギニア国籍の取得を申請中で、手続き終了後の10月に結婚予定だ。

 北山は同番組のインタビューに答え、一夫多妻制について「最初はちょっと嫌な気持ちでした。ちゃんと受け入れてくださるのか」と不安だったと打ち明ける。サンコンは第2夫人との同居を望んでいるそうだが、北山は「ちょっと難しいんじゃないかな。ちょっと距離感があったほうが良くないですか」と複雑な心境を明かす。

 冒頭に「おめでたくない! 何度目の結婚だよ」と笑いながら紹介したメインキャスターの小倉智昭(71)は「サンコンの場合は、奥さんがいても浮気にならないのか」とうらやましがる。同局の山崎夕貴アナウンサー(30)は「私だったら第1夫人だったらいいかな。第2、第3だったら複雑かもしれません」と笑いながら話した。