元スパガ田中美麗 声優事務所入りを決意させた口説き文句は

2018年08月14日 16時30分

田中美麗

 女性アイドルグループ「SUPER☆GiRLS(スパガ)」元メンバーの田中美麗(21)が、声優事務所「ネクシード」に移籍し心機一転を図る。

 田中は2010年に結成されたスパガの1期生。アイドル活動だけでなく、14年にはフジテレビ系連続ドラマ「ファースト・クラス」に出演するなど女優業を展開した。今年3月いっぱいで同グループから卒業し、所属事務所エイベックスも退社した。

 田中は10年以上在籍したエイベックスから、現在の事務所へ移籍した背景について「かなり悩みました」と説明。複数の事務所から接触があったそうで「(これから所属する)事務所の人たちと私自身の信頼関係を重視したい」と思っていたという。

 知人を介して現事務所を知ったというが「正直、事務所の名前も知らなくて、声優をメインとした事務所と聞いた時は所属するか悩みました」と苦笑い。

 それでも田中の移籍をきっかけに、同事務所関係者から「タレントや女優のマネジメントにも力を入れていく」と熱意をアピールされて「この人とだったら頑張れるかもと思い所属を決意しました」。

 新事務所から再スタートを切る田中は「アイドル活動から女優さんとして成功されている方がたくさんいらっしゃいます。特に仲間由紀恵さんは子供のころからよく見ていて、恐れ多いですが、そういう方たちのようになれたらなと、理想高く頑張りたいと思っています」と誓いを新たにした。