“カリスマ占い師”ラブちゃん「山根元会長は金がないから名声を欲しがる」

2018年08月09日 21時46分

山根元会長について語ったラブちゃん

 本紙連載「LOVEフォーチュン」でおなじみの“カリスマ占い師”「Love Me Do」ことラブちゃん(年齢非公表)が9日、都内で新刊「3秒でわかる!手のひら手相術〜手に龍神様が走る!〜」の発売記念イベントを行った。

 2011年のサッカー女子W杯でなでしこジャパンの優勝や、16年の米大統領選ではドナルド・トランプ氏の当選など数々の出来事を的中させてきたラブちゃん。今年もいろいろ的中させて話題になっているが、中でも陰陽五行論に基づく予言はネット上でも注目を集めている。

「今年の年運は『戊戌(つちのえのいぬ)』なんですが、陰陽五行論で『戊』は『山』を表します。なので、今年は『山』という文字の人がいろいろ話題になりました」

 たしかに、「山」のつく名前の有名人が今年、マスコミをにぎわせることが多い。未成年わいせつ事件を起こした元TOKIOの山口達也や、未成年飲酒騒動のNEWS小山慶一郎。最近では日本ボクシング連盟の会長を辞任した山根明氏だろう。

 ちなみに、ラブちゃんによると、山根元会長の星の中には五行(「木」「火」「土」「金」「水」)のうち、「金」だけがないらしい。「金がない運命だから名声を欲しがるんです」とのことだ。

 ボクシング界から去った後は「芸能界が向いてますよ」と力説した。

「その前に体を鍛えてほしい。金は『筋肉』も表すので、鍛えることで運気が向上するんです。ボクシングのリングに上がる? もちろん、いいと思いますよ」

 ただ、山根元会長は来年もう一回波乱を起こしそうな予感だという。「ボクシング界の暴露本とか出すかもしれませんね」と不吉な予言をした。