俳優・津川雅彦さんが死去 妻・朝丘雪路さんを追うように…

2018年08月08日 00時23分

津川雅彦さん

 映画「マルサの女」などで知られ、映画監督としても活躍した俳優の津川雅彦(本名・加藤雅彦)さんが、4日に心不全のため死去したことが7日、わかった。78歳だった。葬儀は近親者で済ませたという。

 祖父が「日本映画の父」と呼ばれた牧野省三監督、叔父はマキノ雅弘監督という芸能一家に生まれた津川さんは、幅広いジャンルの作品に出演し、二枚目から悪役まで何でもこなした。特に「マルサの女」(1987年)など伊丹十三監督作品はおなじみだった。

 また「マキノ雅彦」名義で監督も務め「寝ずの番」(2006年)などを発表した。妻は4月に死去した女優の朝丘雪路さんで、津川さんは5月に会見し、朝丘さんへの感謝の言葉を述べたばかりだった。