池波志乃 夫・中尾彬と手をつなぐと「介護みたいになっちゃう」

2018年08月07日 21時31分

中尾彬(右)と池波志乃

 俳優の中尾彬(75)と池波志乃(63)の芸能界きってのおしどり夫婦が7日、都内で行われた映画「チャーチル ノルマンディーの決断」(18日公開)のトークイベントに出席した。

 映画は英国史上最も偉大なリーダーとして語られるウインストン・チャーチルが、第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦に反対する一方で、妻に叱咤激励されながら決行するまでの96時間を描いた物語だ。

 中尾はタキシードに黒のハット、右手にステッキ、左手に葉巻を持ってチャーチルに扮して登場。池波から「その気になっちゃって!」と言われると「俺はあんな年寄りじゃない!」と仲むつまじい掛け合いで笑いを誘った。

 映画ではチャーチルと妻の関係が描かれているとあって、2人の愛を確かめるような質問が相次いだ。手をつなぐのは「恥ずかしい」と答える中尾に対し、池波は「恥ずかしくないけど、なんか介護みたいになっちゃうから、周りに心配かけちゃうなって。手をつないで歩いたことはないかもしれない」と回想。すると、中尾は「たまに志乃が腕を絡めてくるけどね」と照れくさそうに告白して、仲の良さをアピールした。

 さらに、池波から「よく亭主関白と言うけど、うちのは亭主わんぱく。甘えてくれるので楽。肝心なところは言うこと聞かないけど、普段はただのだだっ子」と評された中尾は「まだ、志乃の良さがわかんないかな。40年以上結婚してるけど、わかんないから(夫婦として)持ってるんじゃないかな」と独特の表現で、夫婦円満の秘訣を明かした。