稲垣吾郎“しんつよ”に嫉妬!?主演舞台初日会見でポロリ

2018年08月04日 16時30分

主演舞台に立つ稲垣吾郎

 ジャニーズ事務所を退所し、新事務所「CULEN」に所属する稲垣吾郎(44)の主演舞台「FREE TIME,SHOW TIME 君の輝く夜に」(26日まで、京都劇場)が3日、初日を迎えた。稲垣は、舞台を観劇予定の草なぎ剛(44)、香取慎吾(41)の「しんつよコンビ」の仲良しぶりに“嫉妬心”を見せた。

 同舞台は、稲垣と元宝塚トップスターの安寿ミラをはじめ、北村岳子、中島亜梨沙の実力派女優たちによる「恋と音楽」の物語。生バンド演奏をバックに、夏の淡い恋物語と音楽を楽しむ大人のための上質エンターテインメント作品だ。

 稲垣は「楽しみですし、2年ぶりの舞台ということですし。お客さんと直にお顔を合わせますし、楽しみでしょうがないです」と話す。安寿、北村、中島との共演には「引っ張っていただいている感じ。僕の歌にうまく合わせて、ハーモニーを生み出していただいている」と手応え十分だという。

 新事務所移籍後、稲垣は役者としての実力を買われ、同作品のほかにも映画や舞台など仕事が続々と決定。草なぎ、香取も観劇するそうだが、稲垣は「2人同時に見られるのは、抵抗ありますよね~。なんか緊張しますよね。いいとこ見せたい! というか、失敗したくない、というか。まあ、失敗するのが舞台なんですけど」と言う。

「2人とも舞台は好きだし、この前は草なぎ君の舞台を見て、本当に素晴らしかった。お互い成長していきたいし、僕の成長も見せたい。香取君も冬に舞台をやるのでね。舞台はお客様の顔が見えるし、一番喜んでいるのが分かりますからね」とお互いが役者としての成長を実感している。

 ところが「3人で舞台をやりたい?」という質問になると、稲垣は「そうですね…。なんか、2人(草なぎ、香取)ではちょこちょこやってるんですよね、歌とか」と少し寂しそうな表情。「2人の間には別に入りたくはないですよ」と強がるも「あの(2人で歌ってる)『KISS is my life.』っていい曲ですよね。ちょっと歌いたかった、出だしのところ、僕の方がいいと思いませんか?」と“逆質問”する始末だ。

 それでも最後には「まあ、それはそれで面白いですよね。新しいことをやるのが『新しい地図』なんでね。僕らやみんなを含めてね」と稲垣も納得した。

 ちなみに稲垣には大親友である50代男性の「ヒロ君」がいるのが有名。もちろん舞台は「ヒロ君は見に来ますよ」と稲垣。しんつよの間に割って入らなくても、稲垣にはヒロ君がいるから大丈夫かも!?