稲垣吾郎 2年ぶり主演舞台に「楽しみでしょうがない」

2018年08月03日 18時18分

左から中島亜梨沙、安寿ミラ、稲垣吾郎、北村岳子

 舞台「FREE TIME,SHOW TIME 君の輝く夜に」(26日まで、京都劇場)で主演を務める稲垣吾郎(44)が3日の初日前に、報道陣の取材に応じた。

 同舞台は稲垣と元宝塚トップスターの安寿ミラや北村岳子、中島亜梨沙の4人による「恋と音楽」の物語。生バンド演奏をバックに「第1幕」「ショウタイム」「第2幕」という構成で、夏の淡い恋物語と音楽を楽しめる“大人のための上質エンターテインメント”作品となっている。4人はえんび服で登場した。

 稲垣は「楽しみですし、2年ぶりの舞台ということですし。お客さんとじかにお顔を合わせますし、楽しみでしょうがないです」と、主演として堂々たるもの。

 安寿が「初日はどの舞台でも緊張するものですが、出演者が4人しかいないものですから補い合いながらやっていきたい」と初日前の緊張感を漂わせると、北村は「楽しんで勢いを持って、大人のショーを見せたいです」と話し、中島は「お客様が楽しんでいただけるように頑張りたいです」と意気込んだ。

 元宝塚トップスター、安寿のえんび服姿に、稲垣は「安寿さんの男装姿がまた見れるとは」と言えば、安寿も「二十何年ぶりです。立ち方とかを思い出しながら」と照れる。

 稲垣は安寿からステッキの使い方を教わったそうで「ステッキの先が基本右側にこないといけない」という稲垣に、安寿が「左です」と優しく教え、笑いを誘った。