木村沙織がカフェ初プロデュース「健康面で工夫している」

2018年08月03日 17時38分

イベントに出席した木村沙織

 元バレーボール女子日本代表の“サオリン”こと木村沙織(31)が3日、東京・千代田区のカフェスペース「Marunouchi Happ.Stand&Gallery」に、期間限定カフェ「kimura saori chocotto cafe gallery」をオープンさせた。

 木村は選手時代の経験を生かし、健康を意識したフルーツタピオカドリンク、フルーツサンドウイッチなどのメニューをプロデュースした。

「チームで栄養士から指導を受け、栄養に対する知識が深まった。普段からよく料理をしているが、今回は自分の好きなタピオカに疲労回復効果があるレモン酢を合わせたり、おいしさだけでなく健康面で工夫している」という。ちなみに、夫のビーチバレー選手・日高裕次郎(31)には、手料理の中でとん汁が好評だとか。

 美人バレー選手として世界的に有名だった木村は、栄養だけでなく美容の知識も豊富で、ファッション誌「VOCE」(講談社)の美容アンバサダーとしても活躍しており、この日は同所で行われた読者イベントにもゲスト出演した。

 長い手足に小顔、抜群のスタイルは女性の憧れの的。この日も羨望のまなざしを浴びていただけに、今後はモデルとしての活躍にも期待したい。カフェは12日まで営業し、6日には木村が一日店長を務める。