AKB運営会社が「TPE48」と契約解消 新たに「AKB48 Team TP」立ち上げ

2018年07月30日 16時02分

「AKB48 Team TP」のロゴ

 AKB48の運営会社・AKSは30日、台湾・台北を拠点にする姉妹グループ「TPE48」を運営してきた台湾の現地法人との合弁およびライセンス契約を解約し、新たなグループ「AKB48 Team TP」を立ち上げることを発表した。

 近日中に設立完了予定の台湾現地法人「阿克斯娯樂有限公司」に運営権をライセンスし、引き続き事業を行う予定だ。

 AKSは2017年に台湾現地法人「海●娯樂科技股■有限公司」と合弁会社「熙曜娯樂科技股■有限公司」(●はかねへんに意、■はにんべんに分)を設立し、TPE48を運営してきたが、「残念ながら、合弁及びライセンス契約の解約をする事となりました」と発表した。

 台湾メディア関係者は「スタッフやメンバーへの給与未払いが続き、今年5月に初のファンミーティングが無期限延期され、当初は夏に予定されていたCDデビューも見通しが立たなかった。台湾側運営会社の運営状況が悪化していることがメディアでも報道されており、台湾、日本双方のファンから心配の声が上がっていた」と語る。

 TPE48は昨年9月に1期生オーディションを開始し、昨年12月にAKB48の阿部マリアが完全移籍した。

 今年2月に行われた最終審査で合格者45人が発表され、6月の「第10回AKB48世界選抜総選挙」には5人のメンバーが参加していた。