赤西ファンが「復活嘆願書」

2012年05月17日 18時00分

 黒木メイサ(23)との事後承諾婚で窮地に立たされている赤西仁(27)に朗報となるか。

 

 結婚を発表してからコンサートツアーは中止、主演ドラマは降板、ファンクラブは消滅とジャニーズでの立場、活動を失いつつある赤西。激動のさなかではあるが、所属レコード会社のワーナー関係者は「一人のアーティストとして契約しているので事態を見守るしかない」と静観している。

 

 このままいけばフェードアウトしてもおかしくないが、ある事情通は「赤西の活動を復活させようと、ファンが必死になって呼び掛けている。ジャニーズ事務所やワーナーに対して、署名を集めた嘆願書を持っていこうと必死になっているんです」。

 

 厳しい立場に立たされている赤西にとっては何ともありがたい声援だろう。「結婚してからはファンの数もかなり減らしているので、どれだけ集められるかはかなり疑問ではありますが」(同)。ファンあってのタレント、数はともかく大きな支えにはなるはずだ。

 

 ただ、そうはいっても大所帯のジャニーズは赤西の穴を他で埋めるという動きのようだ。しかも「これまでだって何かあるたびにファンが嘆願書だの、手紙を書こうなどという動きがないわけではなかったが、それによって何か大きく変わるということはほとんど聞いたことがない。今回も同じようなことになってしまうのがオチかも」とテレビ局関係者は言う。

 

 それでも、ファンの力は大事。ワーナーとの契約が残っている以上、歌手としての活動はしなければいけないし、CDが爆発的に売れさえすれば、窮地を脱することも不可能ではない。

 

赤西ファンクラブが突然の消滅

赤西と黒木メイサがデュエット