綾野剛「ハゲタカ」第2話視聴率11・3% 好調2桁キープ

2018年07月27日 13時20分

俳優の綾野剛

 26日に放送された綾野剛(36)主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ハゲタカ」(木曜午後9時)第2話の平均視聴率が11・3%だったことが27日、分かった。

 原作は作家・真山仁氏の同名小説。綾野演じる伝説の企業買収者・鷲津政彦が“ハゲタカ”とののしられながらも、不良債権を抱える銀行や経営不振の名門企業などへ買収を仕掛け、勝利していく痛快エンターテインメント。テレ朝人気の“木9”枠とあって、共演者も超豪華。渡部篤郎(50)、沢尻エリカ(32)、小林薫(66)、杉本哲太(52)、木南晴夏(32)らそうそうたるメンバーが集まっている。

 初回で視聴率11・9%の好発進を見せ、第2話で0・6ポイント微減したものの2桁はキープした。

 第2話ではゲストに女優・かたせ梨乃(61)が登場。鷲津が40億円で債権を譲り受けた寝具メーカーのクセもの女社長役を演じ、鷲津と激しいバトルを繰り広げた。

(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)