水野ふえが仮面女子候補生に 山宮れなは再昇格

2018年07月23日 10時15分

OZのポーズを披露した水野ふえ(左)と山宮れな

 21日の仮面女子カフェ(東京・秋葉原)2部公演で「組閣」が行われ、スライムガールズ(研究生)の水野ふえ(23)と山宮れな(19)が仮面女子候補生・OZに昇格することが発表された。加入式は8月12日に行われる。

 この日、昇格発表を控えたスライムガールズの6人はトリで登場し、緊張の面持ちで5曲をパフォーマンス。ラストの曲「夏だね☆」では候補生、仮面女子・アリス十番のメンバーら全員でフィナーレを迎えた。締めのあいさつを終えると、さっそく昇格者の発表が行われた。先に名前を呼ばれたのはセンター・水野。祝福の拍手、歓声が沸き上がる中、「昇格者はまだいます」と山宮が呼ばれた。

 京都出身の水野は今年4月に研究生としてステージデビュー。センターを務めており、昇格への自信はあったそうだが、「呼ばれなかったら、へこんでいたと思うので、うれしい」と声を弾ませた。「候補生として演じたいのは『大冒険☆』。曲数が一気に増えるが、加入式までに間に合わせたい」と意気込んだ。

 山宮は昨年10月の超組閣で候補生・OZに昇格したが、今年3月「ダンスなどスキルが足りていない。一からやり直したい」として自ら研究生に降格。それから4か月で再昇格を果たした。「スラガに戻っても応援してくれる方がいてくれた。自分的に一番成長できたし、皆さんと距離が近くなった」とファンに感謝。OZの野咲わか、海月咲希は8月16日に仮面女子に昇格するため「同じユニットでいられる4日間を楽しみたい」と話した。また「スリジエ候補生(オーシャン)から移籍してくる桑名利瑠ちゃんには負けたくない。OZだけでなく候補生を盛り上げていきたい」と力を込めた。