タモリと「西郷どん」脚本家・中園ミホ氏の不倫報道 TV共演もある2人の仲は果たして

2018年07月19日 16時30分

タモリ

 お笑いビッグ3の一角・タモリ(72)に不倫報道が飛び出し、芸能界を驚かせている。19日発売の週刊新潮が「『最後の愛人』宅にブラ『タモリ』の遊び方」と題し、女性宅マンションを訪れる様子が報じられた。

 お相手は売れっ子脚本家の中園ミホ氏(59)。松嶋菜々子主演の「やまとなでしこ」(フジテレビ系)、篠原涼子主演の「ハケンの品格」(日本テレビ系)をはじめ、米倉涼子主演の「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)、放送中のNHK大河ドラマ「西郷どん」などのドラマの脚本で知られる。

 同誌によると、2人は2014年のNHK紅白歌合戦でゲスト審査員として対面し、直後の「NHKスペシャル」でも共演している。タモリには2歳年上の夫人がいるが、中園氏は子供がいるものの、未婚だという。

 タモリの所属事務所幹部は同誌に不倫を否定したというが、芸能界では、浮いた話がほとんどなかったタモリだけに様々な声が上がった。

「タモリさんは元SMAPの草なぎ剛など、気に入った人は自宅に招いて料理でもてなすような家庭的な御大。女性よりも男性の友人が多いし、愛妻家としても知られてるので、72歳での不倫報道にはビックリ」(芸能プロ関係者)

 不倫報道を否定的に見る声も。「タモリさんは波長や感覚が合うと感じた人とは有名著名、職業問わず、ふらっと会いに行くような方。お相手という脚本家女性とは男女の関係ではなく、お茶飲み友達のような、お互いの博識で会話を楽しむような関係なのでは」(テレビ関係者)

 週刊新潮にはハット帽に黒縁メガネ、マスク姿で“忍び会い”に向かうタモリの写真も掲載されているが、さて本人はどう対応するのか。

関連タグ: