「全員集合」に次ぐDVD売り上げ!「クレイジージャーニー」人気の秘密

2018年07月18日 16時30分

トークイベントを行ったクレイジージャーニーの出演者たち

 ダウンタウンの松本人志(54)らが司会を務めるバラエティー番組「クレイジージャーニー」(TBS系)のDVD「クレイジージャーニー Vol.6」発売記念スペシャルトークイベントが16日、都内で行われた。

 同番組は世界を巡る“狂気の旅人(クレイジージャーニー)”を招き、体験談を聞いたり、現地ロケ映像を見る「伝聞型紀行バラエティー番組」。この日のイベントはお笑い芸人・あべこうじ(43)が司会を務め、同番組に出演する人気ジャーニーである丸山ゴンザレス氏、佐藤健寿氏、加藤英明氏がパネリストとして登壇した。

 丸山氏は危険地帯ジャーナリストとして番組開始当初から活躍。ところが最近、爬虫類ハンターの加藤氏の人気が急上昇中のため、あべが「丸山さんがねたんでいる」とちゃかすと、丸山氏は「一切ないですよ!」と苦笑いした。

 さらに「一番心に残っている映画は?」という問いに加藤氏は「ジュラシック・ワールド」と、さすがの回答。丸山氏は「一番テンションが上がった場所」について聞かれると「銃密造村」。続けて「工房があったのは山の中で、それも怖かったですね」と明かした。

 実はこの「クレイジージャーニー」のDVDは、TBSで歴代2位の売り上げとなる18万枚超を記録。ちなみに1位は「8時だョ!全員集合」というからそのすごさがわかる。

「実はこの番組は、いま一番ディレクターが注目している番組です。とにかく企画がぶっ飛んでいて、これまで見たことない映像が連発。大型クルーを引き連れないので、手持ちカメラの映像にリアル感が出てるのも視聴者を引き付けているのでは」(テレビディレクター)

 この日のイベントも抽選で集まった160人で満員となった。衰退が叫ばれて久しいテレビ界だが、内容次第ではまだまだ人気番組が出てくる可能性はありそうだ。