元なでしこ・丸山桂里奈 試合中はTバック愛用「食い込んでドリブルの切れが増す」

2018年07月16日 15時05分

元なでしこジャパンのタレント・丸山桂里奈
元なでしこジャパンのタレント・丸山桂里奈

 元なでしこジャパンのタレント・丸山桂里奈(35)が、15日に放送されたTBS系「サンデー・ジャポン」に出演し、尻出し公約を実行。現役時代の愛用下着についても明かした。

 丸山は以前の放送で、ロシアW杯に挑む日本代表が、グループリーグ3戦全勝できなかったら罰ゲームとして「お尻を出します」と約束。結果は1勝1分け1敗だったため、1日の放送では、尻出しを実行することを発表していた。

 この日は、罰ゲームの尻出し撮影に番組が密着。都内某所で行われたグラビア撮影に臨んだ丸山は、セクシーな衣装を前に「(現役時代は)願掛けがTバックだったんで、これぐらいは日常茶飯事でしたよ。逆に食い込んでるから、ドリブルの切れが増しますよ」と笑い飛ばした。撮影は順調に進み、およそ3時間で終了した。

 VTR終了後、スタジオでは今回撮影した写真が掲載される7月20日発売の「週刊現代」から、先行カットを公開。お尻でビール瓶を挟んでいるカットや、お尻にベルギーワッフルを乗せるユニークなショットにスタジオが沸いた。

 撮影について感想を聞かれた丸山は「(日本代表が)負けて罰ゲームの公約だったので、思いっきりやらせていただきました」。続けて「でも、私のお尻も本当に喜んでいました。『出せるんですね』ってことで。気持ちは罰ゲームでいましたけど、お尻的には良かったみたいな」と得意の不思議発言でスタジオを笑わせた。