三浦祐太朗 ラブホで百恵さんの曲流れ「集中できなかった」と赤面告白

2018年07月04日 10時44分

三浦祐太朗
三浦祐太朗

 シンガー・ソングライターの三浦祐太朗(34)が2日、日本テレビ系「しゃべくり007」に出演し、三浦家の秘話を告白した。

 俳優・三浦友和(66)、伝説の歌手・山口百恵さん(59)の長男・祐太朗は「三浦家はベールに包まれている感があるが、それが違うのを説明したい」とバラエティー初出演の意図を明かした。

「ビッグな両親で損したこと」を聞かれた祐太朗が「特にないけど、お母さんが作るおにぎりがメチャクチャ大きい。市販の2・5倍くらい」と答えると、くりぃむしちゅー・有田哲平(47)は「そんな話じゃない! すごい家に生まれたら、マスコミがどうとか、比べられるとか苦悩を聞きたい」と突っ込みを入れた。

 芸能界のサラブレッドと呼ばれる祐太朗は「2世と呼ばれている人たちで、そうなる(グレる)のは本当にダサいと思っていたから、たばことか世間で言われている悪いことは避けてきた」と打ち明けた。

 チュートリアル・徳井義実(43)から、「テレビなどの感動シーンで百恵さんの曲が流れてくると、意識がお母さんのほうにいっちゃう。そんなことない?」と聞かれると、祐太朗は「使わないでほしいんですけど」と前置きして「僕が学生時代に付き合っていた彼女とホテル的なところへ行って…」とプライベートを話し出した。ここでくりぃむしちゅー・上田晋也(48)は苦笑しながら「ストーリーは分かったから」と待ったをかけた。出演者から「有線放送のチャンネル変えただろ」と声をかけられた祐太朗は「集中できなかったですね」と顔を赤らめた。

 また、恥ずかしいエピソードとして百恵さんにエロ本を見つけられたことを明かした。「性に目覚めたころ、ベッドの横の棚に隠していたのを見つけられました。父から『お母さんがエロ本を見つけたって言ってたぞ』と言われたんです」とポツリ。友和は「俺も男だから分かる。ただ『祐太朗が不良になっちゃった』って言ってるから、お母さんの分かる場所に隠すなよ」とアドバイスしたという。

ピックアップ