劇団4ドル50セント 元アルタこけら落とし公演「すごくありがたい」

2018年06月30日 14時23分

劇団4ドル50セント

 作詞家・秋元康氏(60)がプロデュースする「劇団4ドル50セント」が30日、東京・新宿のKeyStudioで、週末定期公演「夜明けのスプリット」のゲネプロを報道陣に公開した。

 この日を皮切りに8月3日まで、毎週末の金、土、日曜に同劇場で公演を行う。8月11日以降は演目が変わる予定だ。

 いよいよ定期公演が開幕することになり、福島雪菜(19)は「私たちの仲の良さが武器だと思っているので、その武器を生かして精一杯、走り抜いていきたいと思います」と意気込んだ。

 KeyStudioは元スタジオアルタで、2014年までは「笑っていいとも!」の収録が行われていた。リニューアルされ、こけら落としとして劇団4ドル50セントの公演が選ばれた。

 谷口愛祐美(20)は「こけら落としが私たちということで、すごくありがたい。一発目からバーンとできるように頑張ります」。福島も「いいとも」が約32年間も続いたことを踏まえて「それくらい歴史のある劇団になれるように、みんなで頑張ります」と話した。

 現在、サッカーW杯ロシア大会が開催中で、日本は決勝トーナメントに進出した。奈波慎剛(23)が「トーナメントを勝ち抜いてもらいたいなと思います。同世代が日本を背負って戦っているので、僕らも日本を代表する劇団になりたいと思います」と意気込めば、うえきやサトシ(28)も「この劇団も〝半端ねぇ〟と言われたい」と宣言した。