千原ジュニア「ホテル三日月」宣伝部長就任イベントで舛添氏イジリ

2018年06月28日 12時20分

ホテル三日月グループの宣伝部長に就任した千原ジュニア

 お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニア(44)が28日、東京・港区の赤坂インターシティコンファレンスで行われた「ホテル三日月グループ 宣伝部長就任記念イベント」に登場した。

 温泉好きで知られるジュニアは「湯(ゆ)ったり、たっぷり、の~んびり♪」のCMソングで知られるホテル三日月グループの大ファン。そんな“ホテル三日月愛”を公言するジュニアがついに同グループの宣伝部長にまでなってしまった。同グループ創業57年の中で、芸人やタレントを起用したのは初めてだという。両者の相思相愛ぶりがうかがえる。

 ジュニアはCMで着用している金ぴかのスーツ姿で登壇。「2018年、このスーツを着ている芸人は僕だけ。芸人冥利に尽きますね」と笑わせた。さらにホテルから「黄金パンツ」をプレゼントされ、ジュニアは「ここ一番の仕事ではきます」と笑った。

 就任については「オファーが来た時は『マジか、それ!』と久しぶりに大きな声が出ました。(三日月には)多い時は年に2桁。芸能界では一番、僕が行っているのは間違いないでしょうね」とその喜びを語る。

 おすすめを聞かれると「夏場は外のプール、流れる温水プールがかなりの平米数で広い。ええ間隔でサウナとかもあって、いいですよ。天現寺から高速乗ったら45分で“竜宮城”ですよ。あるんですよ、竜宮城が! バイキングもないものがないぐらい。みんな食事や家族に夢中なので、僕が行っても誰も僕に気づきませんからね」と話した。

 SNSでの大喜利キャンペーン「黄金風呂でジュニアが一言、何てつぶやいた?」も展開される。ジュニアもチャレンジし、例として出した答えは「あっ、舛添さん…」。東京都知事時代、同ホテルでの会議名目での支出が問題視された舛添要一氏をイジり、爆笑を呼び、「僕の次に回数行っているらしいです」とさすがの大喜利力を見せつけた。