AKB48倉野尾成美 高熱押して初主演映画イベント出席も途中退出

2018年06月26日 20時55分

左から杉本達監督、倉野尾成美、前田亘輝

 人気バンド「TUBE」のボーカル・前田恒輝(53)らが26日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で行われた、自ら企画した映画「YOU達HAPPY 映画版ひまわり」(9月1日公開)の完成披露試写会に出席した。

 映画は地方の過疎化問題から地方創生がテーマ。栃木・那須烏山市を舞台にノンフィクション部分と、俳優陣が演じるフィクション部分を融合させた新たな作品となっている。

 試写会後の舞台あいさつには、前田のほか主演の大東駿介(32)、AKB48チーム8の倉野尾成美(17)らも出席した。

 作品の終盤、英語の教師役でも出演している前田は企画した意図を「僕は音楽(ツアーなど)で全国を回ることが多いんですが、地方は過疎化が進んで、有名なお祭りでも立ち行かなくなったりしている。この国のため、過疎化する地方のために何かできないかと思って、それが映画なんじゃないかと思った」と説明した。

 本人役で映画初出演した倉野尾は「映画自体に出るのも初めての経験。台本をもらったのですが、薄っぺらくて…。1~2枚しかなくて、本当に映画なのかな、と。これで映画、どうなるんだろうって謎でした」と素直な心境を告白。これに前田は「内容が薄いってことじゃないよね」と突っ込んで笑いを誘った。

 その後、倉野尾は体調不良を理由に途中退出。関係者によれば、39度の発熱があったが、倉野尾から「どうしても出席したい」との要望があり出席したという。

 舞台あいさつには、ほかに俳優の佐久本宝、阪本一樹、杉本達監督が出席した。