栃木のローカルアイドルが東京で出張ライブ開催

2018年06月25日 15時15分

都内でライブを行った「プリズムベル」(前列)と「三姉舞」

 アイドルグループ「プリズムベル」(美晴、ゆきな、紅子、小雪、さとえ)が25日、東京・渋谷区の代官山NOMADOで「出張♪りんどう湖ライブ」を開催した。

 栃木県のレジャー施設「那須りんどう湖レイクビュー」公認のローカルアイドル(ロコドル)のプリズムベルが“東京進出”でりんどう湖をPRした。

 デビューは2015年7月18日。りんどう湖のステージでパフォーマンスしながら、働く「歌って踊って働くアイドル」がコンセプトで、最近ではロコドルたちの大会「汐留ロコドル甲子園 2017」で準決勝進出を遂げるなど、着実にキャリアを積んでいる。

 ライブのスタートはりんどう湖の曲「ここどこ そこどこ りんどう湖」を披露。「ここ どこ あそこ どこ ここはどーこ どこ りんどう湖~♪」とクセになるリズムに加え、ユニーク歌詞は必読。頭の中で曲がループして離れない“名曲”だ。

 リーダーの紅子(はなこ)は「ライブ楽しかったです! りんどう湖に遊びに来てください! 今年からは高さが20メートルにもなるアヒル(オブジェ)の『ピンキーダック』もいます!」と笑顔を見せた。

 なお、ライブには千葉県流山市出身で全員が元スクールメイツという三姉妹のダンスユニット「三姿舞(さんしまい)」(愛未、愛華、眞珠)も出演。キレのあるパフォーマンスを披露し、最後にはプリズムベルとコラボで盛り上げた。