ブラマヨ小杉 主演映画で石橋静河と“前貼りなし”の激演

2018年06月22日 16時40分

舞台あいさつに登場した小杉(左)と石橋静河

 お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉竜一(44)、女優の石橋静河(23)が22日、千葉・イオンモール幕張新都心で行われた映画「空からの花火」初日舞台あいさつに出席した。

 同作は、千葉市民花火大会の「幕張ビーチ花火フェスタ」をモチーフに、芸能事務所「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」と「イオン」が初めてタッグを組み、地域活性化を目指し製作された。

 劇中では、思い悩む同花火大会の実行委員・中屋花絵(石橋)の前に、未来からやってきた花絵の息子で、太ったおっさんの空(小杉)が現れる。千葉を舞台にした地域発信型のコメディー作品だ。

 石橋とダブル主演を務めた小杉は、同作について「個人的にはここ(千葉)に住民票があるくらいの気持ち。生まれ変わったら住みたい」と熱く語った。

 石橋は、タオルを巻いた裸の小杉と追いかけっこをするシーンを振り返り「撮影が大変でした…」と語ると、小杉は「タオルの下のすごい大きい前貼りが、すぐはがれた。結果的になしでやった(笑い)」とエピソードを明かした。

 また小杉は、サッカーロシアW杯のセネガル戦(日本時間25日0時から)に臨む日本代表に向けて「セネガルが実は強敵なんじゃないかと、オシムさんも言っていた。フィーバーを起こしてほしい」とエールを送った。