「ニュース女子」は終わってないのに…「朝日のミスリード許せない」MC猛反論

2018年06月22日 16時30分

収録に参加した高山正之氏、背山麻里子、上念司氏、吉木りさ

 ジャーナリストの高山正之氏(76)、タレントの脊山麻理子(38)、吉木りさ(30)、経済評論家の上念司氏(49)が21日、都内で行われた言論バラエティー番組「放言BARリークス」(DHCテレビ=月2回放送)の収録に臨んだ。

 バーを舞台に、高山氏と脊山がゲストを招いて、酒を飲みながら本音で語り合う同番組。毎回酔っ払った勢いで、ほかでは語られないオフレコの裏話が飛び出している。

 今回はニューストーク番組「ニュース女子」のMCを務めていた上念氏と、レギュラー出演する吉木がゲスト出演した。

「ニュース女子」といえば、放送倫理・番組向上機構(BPO)が沖縄の米軍基地反対運動を扱った昨年1月放送分を「重大な放送倫理違反があった」と認定。

TOKYO MXテレビが3月末で同番組の放送を取りやめたが、この日はその件についても熱い議論が交わされた。

 収録後、本紙の取材に応じた上念氏は「朝日新聞があまりにデタラメを書いて、まるでこの番組が打ち切りになるかのように、ミスリードした記事を書いたのは許せない。番組は今でも(地方局、BS、ネット配信で)放送されているんだから。『ニュース女子』は終わらない!」。高山氏も「BPOは解体しなきゃいけない」と怪気炎を上げた。

 一方で、上念氏は「何が驚いたかと言うと、吉木さんがガチで酔っ払って…」と目をパチクリ。

 ほろ酔いの表情で吉木は「私、こんなに飲んだの初めてなんです…。芸能界史上で最高に酔っ払いました」と明かすと、脊山は「私がバーテンダーになって、(共演者に)お酒を作って提供する番組。本当のバーなんです。だからこそ普段、抑えている感情が出るんです」とニンマリだった。

 なお、同番組は前編を7月21日午後10時から、後編を同28日午後10時からDHCテレビ・ユーチューブチャンネルほかで配信。

 BS FOXでも同23日と同30日の深夜0時から放送される。