10年前はひそかな自信あったが…来月還暦を迎える久本雅美の願望

2018年06月15日 16時30分

ますますパワーアップする久本雅美

 お笑いタレント・久本雅美(59)が14日、都内で舞台「マチャミの婚前披露宴 還暦すぎてもヨロちくび~!」(9月22日、大阪・森ノ宮ピロティホールからスタート)への意気込みを語った。

 今回は、独身を貫いたまま7月9日で満60歳の還暦となる久本が、結婚への強い思いを表明するため開催する公演。披露宴さながらのステージを作り、松崎しげる、高橋ジョージらのゲストや、柴田理恵や梅垣義明といったワハハ本舗の仲間が爆笑パフォーマンスで盛り上げる。

 久本は「10年前の50歳のときにも、この披露宴をやったんです」という。そのときの公演が好評だったことで、還暦のタイミングでも全国5都市での公演を行うが「まさか60歳のときにやるとは思ってなかった…」。さすがに「60歳になるまでには結婚しているって思っていた」からだ。

 どうやら10年前は“ひそかな自信”があったようで「60歳には結婚して、赤いちゃんちゃんことウエディングドレスを合わせた赤いウエディングドレスを見せるつもりだった。世の中には白いウエディングドレスだけではないんですよって」と久本。だが、思い通りにはいかなかった。

 それでもいまだに結婚願望は強く「母親からも心がギスギスするから、彼氏はいた方がいいと言われていた」と現在もパートナーを探している。

「若いころは才能にあふれている人がいいとか思ったけど、最近は変わりましたね。穏やかで包容力があって安心感のある人がいい。眠いね~って言ったら、じゃあ寝ようかと言ってくれるような感じ」と現在の理想を明かす久本だが、決して衰えたわけではない。

「これからは60歳だけど“こんなことやっているのに60歳ですけど、何か?”といった具合に60歳を一つのアイコンのように使っていければ」と笑顔を見せる久本。ますますパワーアップするばかりだ。