睡眠30分!秋元康氏に双子説

2013年02月17日 11時00分

 AKB48の総合プロデューサーを務める秋元康氏(54)にテレビ局スタッフは付いていくのがやっとだった。

 ある芸能プロ関係者が明かす。「NHKが秋元さんを3か月間、徹底的に密着して追ったんですが、1日の睡眠時間を30分しか取っていなかったというんです。昼夜関係ない戦場のような日々に、取材した番組スタッフの方がダウンしてしまったほどです」。秋元氏の姿にスタッフも「実は秋元さんは双子なのかもしれない」といった“双子説”や「目を開けながら寝られるのでは?」と“超人説”を打ち出したほどだったという。

 その番組とは、11日にNHKBSプレミアムで放送された「密着!秋元康2160時間~エンターテインメントは眠らない~」。秋元氏が作詞に挑む姿やミュージックビデオの制作過程、講演会など今までベールに包まれていた仕事ぶりに初めて完全密着した。取材サイドは「まさに朝から晩まで」を合言葉に追いかけたが、誰よりも寝ていなかったのは当の秋元氏だった。

 そんな人間離れした睡眠時間のワケは決して他人に仕事を任せない性格があるという。

 ある出版関係者の話。「例えば、タレントの本の帯に載せる推薦文をお願いした時に、お忙しい方には『お時間がないなら、こちら(出版社)でうまく書いておきますよ』なんてこともあるんですが、秋元さんは必ず自分で書かれる。推薦文だけで予定していた発売日に間に合わないこともありますが(苦笑い)。朝方に原稿が完成することもあって、いつ寝てるのかと思います」

 AKBの人気メンバーなら1日の平均睡眠時間2~3時間もザラだが、それでも、秋元総合プロデューサーにはかなわない。