岩田剛典の母はフランスの名女優!? 初対面でも息ピッタリ

2018年06月09日 13時28分

「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」の岩田剛典(29)、俳優の永瀬正敏(51)、フランス出身の名女優ジュリエット・ビノシュ(54)らが9日、都内で行われた映画「Vision」の公開記念舞台あいさつに登場した。

 前日(8日)に公開された「Vision」は、紀行文執筆のため奈良・吉野町の深い森の中を訪れたジャンヌ(ビノシュ)と、そこで暮らす“森の住民”との交流を描いたもの。圧巻の映像美は、まるでスクリーンから森に迷い込んだと錯覚するほどだ。

「日本の美しさが表れている映画」と話した岩田は、1997年公開の「イングリッシュ・ペイシェント」でアカデミー賞助演女優賞に輝いたビノシュについて「彼女の包み込むような母性に助けられました。目と目が合うだけで通じ合えました」と感銘を受けた様子だった。

 ビノシュが「初めて会いましたが『この人、知っている』と思いました。まさか日本に息子がいるとは思いませんでした」と笑顔で語ると「ありがとうございます。フランスにお母さんがいましたね」と返した。