橋本マナミ 3年ぶり朝ドラ出演で“朝の女”へのイメチェンに気合十分

2018年06月05日 16時30分

朝ドラ「まんぷく」出演に気合十分の橋本マナミ(右から2人目)

 女優・橋本マナミ(33)が4日、大阪市のNHK大阪放送局で行われた次期連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート)の新キャスト発表会見に登場した。

 橋本は、安藤サクラ(32)演じるヒロイン・今井福子が働くホテルの先輩・保科恵を演じる。「美人で華があり男性からモテそうに見られるが、実は交際経験がない」という設定だ。

「愛人にしたい女性タレントナンバーワン」「国民の愛人」などのキャッチフレーズが定着し“夜の女”的なイメージで見られがちの橋本。

「今回の役はすごく仕事ができ、福ちゃんからも憧れられる女性ですが、男性経験がない。今の私のキャラクターとは矛盾しているので、その辺をどう演じていいか迷いましたが、“夜の女”から“朝の女”になれるように頑張りたいと思います」と橋本は意気込んだ。

 最近はお昼のトークバラエティー「バイキング」(フジテレビ系)にレギュラー出演している橋本を朝ドラに起用したことについて、番組統括の真鍋斎チーフプロデューサーは「キャラクターに合っていて、演じてもらったら面白いと考えました。昼の番組にも出ていらっしゃるし、(夜の)イメージはないですよ。お色気シーン? ないです」と明かした。

 愛人キャラで夜のイメージが強い橋本だが、「バイキング」やTBS系の「サンデー・ジャポン」など、情報番組に関しては朝~昼にかけて放送されるものに出演することが多かった。さらに今回、2015年の「まれ」以来となる朝ドラに出演することで“朝の女”もOKと認められるか?