山田ルイ53世 一発屋が一番嫌う質問は「新ギャグは?」

2018年06月04日 18時38分

著書の発売記念トークショーを開催した山田ルイ53世

 お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世(43)が4日、東京・中央区の八重洲ブックセンターで、雑誌ジャーナリズム賞作品賞を受賞した著書「一発屋芸人列伝」(新潮社)の発売記念トークショーを開いた。

 山田は「僕以外の受賞者はバリバリのジャーナリストの方。びっくりしたが、うれしかった。俺がジャーナリズム?という印象。久しぶりに褒められたし、囲まれて良かった。僕ら一発屋はいろいろと慣れているので、落ち着いて心静めて受け止めるだけ」と喜んだ。

 一発屋が一発屋をインタビューするという企画を受け、一度は渋ったという。だが、ジョイマン、テツandトモなど愛すべき一発会の面々と向き合い、ICレコーダーを手に精力的に仕事をこなした。

「向こうは仕事としてバリバリ衣装着て、こっちは普通の格好。変な感じだった。でも、大ブレークした方と小ブレークしたやつなので、丁々発止があった。現場ではいつも一緒になるが、個別に話を聞くと知らない発見がたくさんあった。実はかなり多くのギャグが、結婚式の余興から生まれている」という。

 取材したお気に入りのエピソードは、ムーディ勝山(37)の自虐トーク。「ある時、彼がマネジャーに『スケジュールのファクス送ってこい』と言ったら、ぬくい白紙が送られてきたとか。それだけでお酒を何杯も飲める」と笑みを浮かべる。

 さらに「まだ、印税は頂いていないが、万が一売れたら一発会の飲み食いは向こう1年、僕が持つ。あとは、一回売れた時にまあまあ気が大きくなってしまったので、娘の学資保険に充てる。貯金、貯金」。天国と地獄を味わっただけに、用心深くなったようだ。

 現在は結婚式での乾杯、企業パーティーの盛り上げを軸に、たまにコラム、時々ラジオという仕事ぶりだが、受賞のおかげで書く仕事がほんの少し増えたという。

「相方のひぐち君(44)は単純に『良かったね』と言ってくれた。ねたみ、そねみが全くない素晴らしい相方なので。彼は2年前にワインエキスパートの資格を取得し『俺はワインでいく』とお笑いのことをしなくなった。たまに地方でワインの店頭販売をやっていらっしゃいますね」

 生きる道を見つけたひぐち君を横目に、〝お笑い道〟をまい進する山田に新ギャグを尋ねると「それは一発屋が一番嫌う質問。そう乗せられて繰り出しても全部スベる」と、一発屋代表として報道陣に熱弁を振るった。