みやぞん24時間マラソンに高橋真麻「リーゼントが崩れなかったら盛り上がる」

2018年06月04日 11時47分

チャリティーマラソンの走者に決まったみやぞん

 今年で41回目を迎える日本テレビ夏の恒例番組「24時間テレビ」(8月25~26日)の名物企画チャリティーマラソンの走者が、当サイト既報通り、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(33)に決まった。

 4日放送の日本テレビ系「スッキリ」では、みやぞんについて特集。今年はスイム→バイク→マラソンの「トライアスロン形式」を採用する。各種目の距離は明らかになっていないが、番組では「スイム3・8キロ、バイク180キロ、マラソン42・195キロで制限時間は17時間以内」と説明。MCの加藤浩次(49)は、みやぞんの身体能力の高さを認めるが「これを2か月近くの練習で、できるかどうかなんだろうね」とコメントした。

 一方、コメンテーターの高橋真麻(36)は、みやぞんのヘアスタイルに注目。「昨年、ブルゾンちえみさんのアイライナーが消えなくて話題になり、どこのメーカー?って盛り上がった。リーゼントが崩れなかったら、どこの整髪料だってなるんじゃないか」と指摘。加藤は「頭を洗っても落ちないんじゃないの?」と返し、出演者を笑わせた。