藤井聡太七段が棋王戦決勝トーナメントに進出 獲得が最も近いタイトルは?

2018年06月02日 16時30分

 将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(15)が1日、第44期棋王戦予選第8組決勝で、中村亮介六段(32)と対戦。95手で中村六段を破り、決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント初戦では菅井竜也王位(26)と対戦する。

 茶髪ロン毛に口ひげとワイルド系棋士・中村六段得意の四間飛車に対し、藤井七段が穴熊に構える展開。ジリジリした駆け引きが続いた。しかし、中村六段が持ち時間を使い切り、1分将棋に入ると、藤井七段が優位に立ち、終盤はほぼノータイムの指し手を連発し、七段昇段後初の対局で快勝。今年度に入って負けなしの6連勝となった。

 対局後、藤井七段は「(菅井王位とは)前回完敗だったので、成長した部分を見せたい」と静かな口調で意気込みを語った。次戦は5日、竜王戦5組決勝で石田直裕五段と対戦する。

 数々の史上最年少記録を更新してきた藤井七段に、最も熱い期待が寄せられるのが「史上最年少タイトル」獲得だ。すでに敗れた王将戦、王位戦、現在1次予選が始まったばかりの棋聖戦、これから予選が始まる叡王戦を除くと、現在決勝トーナメントに残っているのは、この日の棋王戦、王座戦、さらに5日の対局で勝利すれば竜王戦の3つでタイトル獲得の可能性が残る。

 このうち、現時点でもっとも近いのが、タイトル挑戦まであと3勝の王座戦だ。仮にタイトル挑戦となれば、屋敷伸之九段の17歳11か月での史上最年少タイトル挑戦、タイトル獲得となれば、同じく屋敷九段の18歳6か月での史上最年少記録(いずれも棋聖戦)を更新することになる。今後も藤井七段の「最年少記録更新」から目が離せない。