移籍発表の広瀬香美に前事務所「芸名使用禁止」「アーティスト活動休止」と発表

2018年05月31日 18時43分

広瀬香美

 シンガー・ソングライターの広瀬香美(52)が28日に、ツイッターとフェイスブックで所属事務所「オフィスサーティー」からの移籍を発表したことを受けて同事務所は31日、公式サイトで声明文を発表。芸名「広瀬香美」としての活動禁止を通告した。

 同事務所は「弊社に事前の相談もなく、一方的な『独立宣言』を発表され弊社スタッフ一同、大変困惑しております」と広瀬の一方的な行動と説明。さらに「『広瀬香美』は弊社代表取締役である平野ヨーイチが命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、弊社及び平野ヨーイチに帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には、『広瀬香美』の芸名を使用できません」として、芸名の使用禁止を通告。「それ故、広瀬香美は本日を持ちまして、すべてのアーティスト活動を休止いたします」と発表した。最後の文言で「みなさま長きにわたりご声援戴きありがとうございました」と、怒りをにじませている。

 広瀬は1992年デビュー。「ロマンスの神様」などヒット曲を連発し「冬の女王」と呼ばれる。