藤井聡太七段 羽生竜王考案の早指し将棋に参戦「自分を信じてやりたい」

2018年05月27日 14時09分

意気込みを語った藤井聡太七段

 将棋の羽生善治竜王(永世七冠=47)の新番組「AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」の収録が27日、都内で行われ、藤井聡太七段(15)が対局前に意気込みを語った。

 トーナメントのルールは羽生竜王が考案したもので、対局は持ち時間5分でスタート。通常ルールと同じく秒読みされるが、1手指し終わるごとに持ち時間に5秒加算され、持ち時間がなくなると負けるフィッシャールールを採用する。そのため対局時間が30分ほどと、スピーディーな展開が見どころだ。

 この変則ルールに藤井七段は「持ち時間が大変短いですけど、適切な時間配分が大事。全ての手を読むことはできないので、瞬間的な選択も大事になる」と分析。その上で「早指しは自分を信じることが大切。自分を信じてやりたい」と力強く語った。

 トーナメントは4人ずつ3ブロックに分かれて予選を行い、各ブロックの上位2人が本戦トーナメントに進出する。藤井七段は橋本崇載八段、三枚堂達也六段、近藤誠也五段と同ブロックで、勝ち抜けばシードされた羽生竜王、久保利明王将を加えた8人による本戦トーナメントで優勝を争う。

 なお、対局の様子は6月17日に放送される。