野口五郎や郷ひろみが弔辞 1万人以上のファンが西城さん見送る

2018年05月26日 15時13分

西城秀樹さんの棺を運ぶ野口五郎(左)

 16日に急性心不全のため63歳で死去した歌手の西城秀樹(本名・木本龍雄)さんの葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれ、1万人以上のファンの大「ヒ・デ・キ」コールに見送られ、天国に旅立った。

 家族や友達、仕事仲間はもちろん、1972年にデビューしてからずっと支え続けてきたファンにとっても悲しい別れとなった。会場のみならず周辺の沿道にまであふれかえったファンは、出棺の際にライブ音源の「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」が流れると、まるでコンサートのように一緒に歌って踊り、78年のヒット曲「ブルースカイブルー」が流れる中、赤いステージ衣装の西城さんの棺を乗せた車が発車すると、涙を流した。

 告別式では西城さんとともに「新御三家」と呼ばれた野口五郎(62)、郷ひろみ(62)が弔辞を読んだ。

 野口は「どうやってこの現実を受け止めていいのか、いまだに君の言葉を、いろんなことを思い出して、泣いてばかりいる」と涙を浮かべた。脳梗塞を発症した西城さんが、必死にリハビリに取り組んでいたこともよく知っていた。「秀樹、お疲れさま。そしてありがとう。もうリハビリしなくていいからね。もう頑張らなくていいから。君のかわいい子供たち、家族を、いつも見守ってあげてほしい。そして、お前の思うラブソングを天国で極めてくれ。秀樹、お疲れさま。そしてありがとう」

 郷は「これが秀樹に送る、最初で最後の手紙になります」と語り始め「本当に残念です。日本中の人々から愛された秀樹の歌、そして笑顔。これはこれからも人々の心の中にしっかりと刻まれていくことでしょう。僕は秀樹のことを“兄貴”というふうに思っていました。というのも、まず最初にデビューした五郎が長男で、秀樹が次男、僕が三男。その思いは今でも変わりません。これからも秀樹の背中を見て、心の中でそう思ってずっと歌を歌い続けていきたいと思います。今まで本当にありがとう。そして安らかに眠ってください」と早すぎる西城さんの死を悼んだ。