西城さん通夜に4000人参列 五木ひろし「ゆっくり休んでくれ」

2018年05月25日 20時59分

五木ひろし

 25日、都内で営まれた西城秀樹さん(享年63)の通夜には関係者1500人、ファン2500人の合計4000人が参列した。

 五木ひろし(70)は「同じ時代をずっと一緒に歩んできて、70年、80年代の思い出はたくさんあります。(西城さんは闘病生活を)どれほど大変な思いで頑張ったか、それを考えると胸が痛くなります。『楽しかったよ』『いろんなことあったけど、よく頑張ったな』『ゆっくり休んでくれ』『秀樹のことはずっと忘れないよ』という思いで、お別れに来ました」

 西城さんのデビュー時から同時代を過ごしてきた山本リンダ(67)は「一日一日の仕事を本当に大事にされていて、素晴らしい方だなと。その後もずっと努力されながら新しいものに挑戦されていた。早く生まれ変わってきてほしいです」と沈痛な面持ちで話した。