夏川結衣 フラメンコ特訓振り返り涙「心が折れた」

2018年05月25日 17時42分

涙を流した夏川(右奥)に山田監督(手前)も苦笑い?

 女優・夏川結衣(49)、俳優・西村まさ彦(57)が25日、都内で映画「妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII」(山田洋次監督)の初日舞台あいさつに立った。

 劇中でフラメンコを踊るシーンを披露した夏川は「私は顔だけで、踊りは代役を立てるものだとばかり思っていた。だけど、山田監督が『彼女は練習をやっているのかい』と尋ねられて、大急ぎで練習を始めるハメになった。今度は(脚本を)書く前にご相談いただけたら」と、巨匠に注文を付けた。

 そこへ、撮影中、世話になったフラメンコ講師の佐藤浩希氏が登場し、サプライズで踊りを披露。佐藤氏は「夏川さんは踊りの経験が何もなくて、こちらとしても困ったものだという感じだった。少しずつレッスンを始めたが、まだとてもという状態の時に、山田監督から『どうだい、夏川君は頑張っているかね』と聞かれ、思わず『なかなか筋がいいですよ』とウソをついてしまった。泣きながらだいぶ練習されて、最後は歓喜の涙を流されていた」と、1か月に及ぶ夏川の陰の努力を明かした。

 夏川は佐藤氏を見るなり、つらかったレッスンを思い出し、涙を流して感動。「あの時は心が折れた。映画に間に合わないのではと本当に思った」と振り返った。

 さすがの巨匠・山田監督も、夏川の姿を見るにつけ「それはすみませんでした」と頭を下げた。夏川はハンカチで顔を覆いながら「いやだー、写真撮らないで!」と叫び、自身以外はサプライズを知っていたことを伝えられると「知ってたの? いやだー、この人たち」と苦笑しきりだった。

 イベントには、実姉・泰葉(57)がイラン人婚約者と破局・復縁するなどお騒がせ中の落語家・林家正蔵(55)も出席。「本日初日とかけまして、船出と解きます。その心は公開(航海)を待ちにしておりました」と、なぞかけを披露した。

 また、昨年、長男の橋爪遼(31)が薬物逮捕された橋爪は「日本にいなくなりつつある、ダメな親父を心から楽しんでやらせてもらっている」とプライベートを思わせるコメントで沸かせた。

 さらには「いま仕入れたほかほかのホットニュースです。中嶋朋子君がいま、空中ブランコの特訓中です。これからやってもらいます」などと、中嶋の別仕事をコミカルに宣伝する優しさを見せ、笑いを誘った。
 
 イベントには俳優・妻夫木聡(37)、女優・蒼井優(32)、女優・吉行和子(82)も出席した。