EXILE約2年半ぶり復活!サプライズ登場ATSUSHI「セカンドのメンバーに感謝」

2018年05月24日 23時14分

ATSUSHIらがサプライズ登場

 EXILEが約2年半ぶりに“復活”を遂げた! EXILEから派生した6人組ユニット「EXILE THE SECOND」(セカンド=全員がEXILEのメンバー)の幕張メッセ公演が24日、行われた。ツアー最終日のこの日、一昨年9月から活動休止していたEXILEのメンバーがサプライズ集結。今秋の完全復活ののろしを上げた。

 2万4000人が大熱狂したライブもアンコールに入った時だ。突然、ステージ上の円形大型ビジョンでEXILEの秋のドームツアーの日程や、新アルバム「STAR OF WISH」リリース(7月25日)を発表。そしてEXILEの代表曲「Rising Sun」のイントロが流れる。ビジョンがせり上がると、EXILE15人のメンバーが揃っていた。

 ボーカルのATSUSHIは「EXILEが2年半ぶりにライブのステージに帰ってまいました。ファンの皆さんをお待たせしたわけですけど、この時間はこれからのグループにとっても個人にとっても、何よりEXILEにとって必要な時間だったと思います」

 EXILEはATSUSHIが海外留学することを機に、2016年9月から活動を休止。今年になって活動再開を宣言、秋からドームツアーを行うと予告していた。ATSUSHIは「一番、EXILEの思いをつないでくれていたのが、全員がEXILEのメンバーであるセカンドだと思います。セカンドのメンバーには感謝してもしきれないです」と涙ぐんだ。

 さらに「ニューEXILE、新しいEXILEを受け入れる準備はできてますね」と新曲「PARTY ALL NIGHT」「Heads or Tails」の2曲をパフォーマンスして、15年末以来となるステージを下りた。

 EXILEは9月15日の京セラドーム大阪を皮切りに、来年にかけて全国ドームツアーを行う。セカンドとして活動してきたAKIRAは「みんな『For EXILE』の精神で頑張ってきた。自分の中では本当のEXILEを感じられた(活動休止期間の)2年半だった。新生EXILE、ニューEXILEのスタイル、新しいエンターテインメントを築き上げたい」、SHOKICHIは「みんなが想像するEXILE像を、いい意味で覆していきたい」と秋からの本格再始動に向けて意気込んだ。