元AKB宮澤佐江 芸能活動一時休止を発表、事務所との契約も終了

2018年05月24日 16時04分

芸能活動を一時休止する宮澤佐江

 元AKB48・宮澤佐江(27)が、7月いっぱいで芸能活動を一時休止することが24日、分かった。所属事務所が公式サイトで発表した。

 サイトでは「2006年にAKB48の一員としてデビューし、約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したいとの思いから、2018年7月末日をもって芸能活動を一時休止することとなりました」と報告。「突然のご報告となりましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪した。事務所とのマネジメント契約も終了するという。

 宮澤のオフィシャルファンクラブはサイトで「当ファンクラブは2018年7月31日(火)12:00をもってサービスを終了させていただくことになりました」と告知している。

 宮澤は2016年3月のグループ卒業後は、ミュージカルや舞台で活躍。現在は地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15「ZEROTOPIA」に出演している。