松居一代「名誉毀損で刑事告訴」の事情聴取で出頭

2018年05月24日 10時09分

北沢署に自転車に乗って出頭した松居一代

 女優・松居一代(60)が24日、元夫で俳優の船越英一郎(57)から名誉毀損で刑事告訴されていた件について事情聴取を受けるため、警視庁北沢署に出頭した。

 松居は23日に「家族のみなさんへ緊急報告」のタイトルでブログを更新。代理人を務める弁護士の事務所に警察から連絡が届き、船越から告訴されていることを連絡されたと明かした。

 この日松居は、自転車に乗って北沢署に出頭。駐輪すると、集まった約30人の報道陣の問いかけを全て無視。足早に署内へ入っていった。

 北沢署には、松居のファンだという男性ユーチューバーも駆けつけた。男性から「頑張ってください!」とエールを送られると松居は「ありがとう」と笑顔で返答した。

 男性ユーチューバーは出頭の約2時間前から北沢署前で松居の到着を待機。松居プロデュースの掃除アイテム“松居棒”も持参する気合の入りようだった。報道陣の取材にも応じ、「“家族”として駆けつけました」と胸を張っていた。