渡辺直美らが絶大な信頼置く人気スタイリストに「不遇アイドル」の過去

2018年05月24日 11時00分

アイドル当時の大瀧

 お笑いタレント・渡辺直美(30)の世界的な勢いが止まらない。渡辺は先日、都内で行われた2017年に全米で最も売れた玩具、タカラトミー「L.O.L.サプライズ!」の日本上陸発表会に出席。このとき頭に同商品のドールを装飾したお団子ヘア、人形と同じコスチュームで登場して話題になった。

 お団子ヘアについて渡辺は「ヘアメークさんの手作りなんです」と明かすと、会場からは「カワイイ!」という声が上がり、本人もご満悦そうだった。また、同商品についてはウェブ動画でユーチューバー風に紹介もしている。

「ヒカキンさんのモノマネをしちゃいました(笑い)。『ナオキン』と名乗りたかったけど、ヒカキンさんに訴えられてしまうといけないので『ナオミン』にしました」とコメントも。

 このウェブ動画に渡辺と一緒に登場しているのが、スタイリストの大瀧彩乃だ。渡辺が絶大な信頼を寄せる大瀧には衝撃の過去があった。もともと“不遇アイドル”だったのだ。

「アイドルグループ『チェキッ娘』のメンバーだったんです。タレントの熊切あさ美、歌手の下川みくにが元チェキッ娘として活躍していますが、大瀧自身は『(当時は)全然人気がなかった』と振り返っている。不遇なアイドル時代にスタイリストの仕事に興味を持ち、引退後に転身。苦しい下積みを経て、大成功しました」(芸能プロ関係者)

 渡辺以外にも柳原可奈子らぽっちゃり系タレントを中心に多くの芸能人の衣装のスタイリングを手掛けているという。

「過去にはお笑いコンビ『アンタッチャブル』も10年ほど担当し、ザキヤマ(山崎弘也)も頼り切っていました。今やファッションショーなどの依頼も絶えず、本も出版している」(前同)

 売れない苦悩があったからこそ、“ぽっちゃりタレント人気ナンバーワン”スタイリストの座を勝ち取ったのかも。