パンサー尾形 サイクリングイベント初参加のロバートに珍アドバイス

2018年05月22日 15時39分

左から尾形貴弘、山本博、秋山竜次、馬場裕之

 お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘(41)、お笑いトリオ「ロバート」(山本博=39、秋山竜次=39、馬場裕之=39)らが22日、都内で行われたサイクリングイベント「ツール・ド・東北2018」記者発表会(河北新報社、ヤフー株式会社主催)に出席した。

 宮城・東松島市出身で松島町観光親善大使を務める尾形は昨年、同イベントに参加した。「僕の遊んでいた地元を走って、多くの方が沿道で応援してくださった。休憩中にはたくさんの子供たちが寄ってきたが『アイスクリーム食べたい』と言い出して、全部で6000円くらい使うハメになった。それに気をつけてほしい」とロバートの面々にアドバイスした。

 尾形は今年3月、第1子の長女を授かっており「今年は娘のために走りたい」と抱負を語った。

 イベントは東日本大震災の復興支援、震災の記憶を未来に残すことを目的に2013年から開催され、今年で6回目になる。9月15~16日に宮城県の仙台市から気仙沼までの沿岸部で行われ、アスリート系モデルの道端カレン(38)が広報大使を務める。