松坂桃李 恋みくじ引き大吉「ラッキー!」土屋太鳳は「勝利の女神に出会いたい」

2018年05月21日 13時30分

イベントに出席した松坂(左)と土屋

 俳優の松坂桃李(29)、土屋太鳳(23)が21日、都内で行われた「JRA『日本ダービーロード』オープニングイベント」に出席した。

 日本ダービーロードは、東京・新宿モア4番街で21日から26日まで開催。巨大な馬の顔のオブジェ、歴代のダービー馬の写真などが飾られる。

“最も運がいい馬が勝つ”とも言われる競馬の祭典・日本ダービー(27日=東京競馬場)。司会者から「運気が上がったエピソード」を聞かれると、松坂は「この間、バラエティーのロケで、京都の清水寺で恋みくじをやったら大吉でした」とニンマリだ。

 恋に飢えているかと思いきや「一人だったので恥ずかしかったけど、イヤモニで『恋みくじを引きましょう』と指示されて…」と苦笑い。それでも「大吉が出た時は『ラッキー!』と気分が上がりました。どんな出会いがあるやら…ドキドキでした」と振り返っていた。

 土屋は“ラッキーナンバー”の話を切り出し、「好きな数字は8です。それと女優を始めるきっかけになったオーディションが11番だったので、11も大事にしてます」と思い出を披露した。

 昨年からJRAプロモーションキャラクターを務めている2人。昨年、日本ダービーを東京競馬場で生観戦した松坂は、馬券も初めて的中させた。松坂は「大きい額じゃないけど、当ててうれしかったですね。あれだけの熱気がある中で、信じて買った馬が1着でゴールするのはなかなかない。テンションが上がって『やった~』ってこんな感じでした」と当時のガッツポーズを表現した。

 さらに、松坂は日本ダービーロード会場で販売されるゲン担ぎメニュー「ダービー勝ってクレープ」を試食し、「今まで味わったことのない高揚感を感じたし、今年も参加できると思うとうれしい。去年も当てたということで、今年も『当てるぞ!』という意気込みで挑戦したい」と力こぶ。

 20日のオークスを生観戦した土屋は「馬と人と競馬場の一体感がすごい。日本ダービーは冷静に熱く狙いを定めていきたい。勝利の女神に出会って、この手に幸運をつかみにいきたい」と宣言。松坂は「当てる気満々ですね」と驚いていた。