熊田曜子 断乳後はサイズダウン「胸がそげてしぼむ」

2018年05月15日 13時38分

タレントの熊田曜子

 タレントの熊田曜子(36)が11日に放送されたAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」に出演。出産による体形の変化を明かした。

 同番組は、MCのバカリズム(42)が、さまざまな職業の女性たちが経験した“鬼ギレ”エピソードを吟味し、最も地獄に落とすべき人を決めていくバラエティー。この日は熊田の他に、元AKB48で声優の石田晴香(24)、タレントの青山めぐ(29)らがゲストとして登場した。

 妊娠9か月で第3子出産間際の熊田が、大きくなったおなかを突き出し「もう3人目なので、ゴムと同じなのか、おなかの伸びがいいんです」と説明し「でも、でべそが直らなくなっちゃって、内臓が出るんじゃないかと思うくらい…」と悩みを打ち明けた。

 その後、母乳に話題が及ぶと熊田は「妊娠中とか、母乳をあげている時は、これで空を飛べるんじゃない?と思うくらい大きくなる」と驚異の“巨乳化”を告白。しかし、「断乳すると、スキージャンプ(のスロープ)みたいに胸がそげてくる。Fカップあったのが、しぼんでEとかDになったと思います」と苦笑いした。

 バストの“復活”については「(断乳後は)下着の力とか、寄せ集めてとかいろいろな努力があるんです」と苦労を語った。