水崎綾女 10キロ減量し激しい濡れ場に挑戦

2013年02月11日 11時00分

 女優の水崎綾女(23)が10日、東京都内の映画館で行われた主演映画「ユダ―Judas―」のヒット御礼イベントに出席した。

 

 元キャバクラ嬢作家・立花胡桃(31)の同名小説を映像化した同作で、水崎は板尾創路(49)と激しい濡れ場も演じた。この日は、艶やかな着物姿で登場し「背筋がピンとして清々しい感じがしますね」と笑顔を見せた。

 

 役作りのため1か月で10キロの減量を敢行。「水分をすべて出すようなボクサーのダイエットで本当に大変で。撮影中にお菓子を差し入れて頂いたんですが『ダイエットしろって言ったのになんでこんなの差し入れてくれるんだ』って思っちゃったりしました」と振り返った。

 

 また「悪人を演じないよう心がけた」とも語り「今回は自分は悪と思っていないのに、回りから悪く思われる役。演じるのが大変でした」と説明した。