ジョイマン ライブのチケット完売で解散回避「ありがとう、オリゴ糖」

2018年05月14日 21時27分

「ジョイマン」の高木晋哉(左)と池谷和志

 解散は回避――。ラップネタで一世を風靡した一発屋コンビ「ジョイマン」(高木晋哉=37、池谷和志=37)が14日、東京・新宿のルミネtheよしもとロビーで、15周年単独ライブ「ここにいるよ。」(同所で7月7日開催)のチケットを手売りした。

 ジョイマンは今年3月に行われたよしもとのイベントで、同ライブのチケットが完売しなければ解散すると一方的に宣言。「2015年に開いたサイン会で客がゼロだったことがある。あれから3年、リベンジする」と“危険な賭け”に出た。

 大方の予想に反してチケットは好調に売れ、この日までにあと20枚を残すのみとなった。解散するのか、しないのかと注目が集まる中、2人はわざわざチケットを買いに訪れたファンに一人ずつ「ありがとう、オリゴ糖」などと声をかけ、サインを手渡した。

「あ~、本物だ」と感激する女性ファンには「ジョイマンのにせ者なんていない」と冷静に答えるなど、丁寧な対応を続け、見事に完売。なんとか解散は免れた。